2010年09月14日

虚弱体質を改善し筋肉量を増やす筋肉トレーニング法

基礎代謝を上げる筋肉トレーニング方法
スロートレーニング山田01.jpg
筋肉も体力もない虚弱体質だった人が、ムキムキの体を手に入れて、
食欲も旺盛になり、精力絶倫になってしまったトレーニング方法がこちら



あなたもこんな悩みや問題を抱えているんじゃないかと思います。


■なで肩で、肩幅は狭く、貧弱な筋力のかけらも無いプニョプニョな腕

■薄くて貧弱な胸板

■痩せているのは体質だからとあきらめている

■今まで何度かジムに申し込んだが、続いたためしがない

■いろいろ筋トレや器具を試してみても効果がなかった



あなたがこうした問題を抱えてしまうのも、「筋トレでは重い負荷を体にかけないといけない」という

本質とはちょっとずれたやり方や考え方が広まってしまっているせいです。


あなたも、↓の中で思い当たるものがないでしょうか。


■常に全力を振り絞る必要がある

■体脂肪率を下げるには有酸素運動をやる必要がある

■ジョギングや腕立て、腹筋などを日課にする

■格闘家のような身体になるにはとにかく時間をかけないと駄目



日本ではあまり知られていませんが、スロートレーニングという方法を10年以上も前から実践している山田豊治さんによれば、

正しい知識と方法さえ実践すれば、体質や年齢、性別に関係なく、誰でも驚くほど簡単に体を引き締めていくことができるんだそうです。

スロートレーニング山田06.jpg


動物の筋肉が発達するためには、筋肉に超回復と呼ばれる機能を促すために、筋肉を休める期間が必要で、


スロートレーニングは、この休息期間を重視したトレーニング方法となっています。


欧米ではすでに数十万にも実践していて、多くの人が効果を実感している方法ですから、

あなたもこんな風になることは、難しいことではないと思います。




■腹筋が発達して引き締まった腹部になる

■醜い肉体を晒して、笑われることがなくなる

■筋肉を増やし体脂肪率を下げることができる

■少ない時間でかっこいい身体と無限のエネルギーを獲得できる

■海に行って女性たちの熱い視線を浴びるようになる



スロートレーニングでは、具体的にどんなメニューを実践していくのかというと、

詳しい解説がこちらにありますので、ポイントを整理して紹介すると、

スロートレーニング山田04.jpg


■短時間で最高の効果を上げて、怪我もないスロートレーニング方法

■脳と体がフルに活性化していく筋トレの方法

■ウェイトトレーニングで重量を小刻みに設定できない場合の対処法

■筋肉が増えて代謝があがるスロートレーニング法



あなたも、見るに堪えない貧弱な体を無理なく短期間で鍛え上げて、
女性がうっとりするような引き締まった体を手に入れませんか?


スロートレーニング山田03.jpg

山田式スロートレーニングを120日間無料で実践するにはこちら




















交通事故
八田永子 柔軟ストレッチDVD
アイトレーニング 田中謹也
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。